« 沈没してました。 | トップページ | 肝心の本体は、というと。 »

2015年11月 1日 (日)

嵐のあと。

風邪をひいたり、風邪をひいたり、風邪をひいている間に時間が経ってしまいました。

さて。

索具に使う糸に木工用ボンドをしみこませるための道具を作りました。

Photo

横浜帆船模型同好会の教室で教えていただいたのの簡略版です。とにかく、糸が薄くした木工用ボンドをくぐって出てきてくれれば良いのと、木工用ボンドが干からびなければ良いという、なりふりかまわなかった結果がこれです。

使い方は簡単。左手で糸の端っこをつまんで、そこから下を左の棒の先で、フィルムのケース(通ぶるなら「パトローネ」と呼びましょう)のボンドの池に沈めて、つまんだ左手で引っ張るだけ。この時、右手は棒とパトローネの両方を固定するように持ちます。糸は1メートルくらいまでがちょうど良いと思います。

使わないときはパトローネのフタを閉じて、輪ゴムに棒を差し込みます。

棒の先にあるのはビーズに使う「Tピン」。ピンバイスで穴を開けて、瞬間接着剤で固定しました。棒自体は竹串の先を切ったものです。これの形は昆布を巻き取って引っこ抜くための漁具を元にしています。

« 沈没してました。 | トップページ | 肝心の本体は、というと。 »

チャールズ・ヨット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1983550/62320083

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐のあと。:

« 沈没してました。 | トップページ | 肝心の本体は、というと。 »

無料ブログはココログ