« 砲架8基。 | トップページ | さて、本体は、というと。 »

2015年6月 7日 (日)

お道具数々。

3月に体調を崩して、更新が止まってしまいました。申し訳ありませんです。

さて。

横浜に通って教わった道具が、おもり付きのクリップです。索具関連の作業で使いやすいとのことで、さっそく作りました。100均で見つけたガラス瓶に百均で見つけたクリップを画鋲で留めました。塗装でも活躍します。

Photo
真鍮線2本で滑車を固定しておいて、筆で塗りました。真鍮線を抜くタイミングは生乾きの時。完全に乾くと抜けません。しかもはがれます。抜いたあとで塗料のバリが残っているのをヤスリかカッターの先でこそげ落として、穴の中を面相筆で塗ります。

両面テープで何かに固定しておいての筆塗りもありかもです。これもはがすのは生乾きの時。完全に乾くと塗料も一緒にハゲます(そして毛根も減ります)。ただし、裏側に回った塗料が変な形に固まって、面倒なことになる可能性があります。

クリップは鋲で固定してあって、回転するので、3方向に展開することもできます。1つが乾く間に別の1つで作業できます。

その他、よく使っている工具を一挙に紹介します。

Photo_2
カッターと仕上げ用のヤスリ。一見、カッターのようなヤスリ(右上)ですが、これが「洗って何度でも使えます」。しかも、絶妙の「しなり」があるので、角を立てたまま仕上げることができます。小さなプラスチックや金属部品の比較的広い面に使います。どれもホームセンターで買いました。

Photo_3
続いて、荒研ぎ用(右端)、中研ぎ用(左2本)のヤスリ。どれもホームセンターの品です。けっこう「した」のですが、最近は100均にも出てきて、ちょっと悲しいかもです。

銀色の先のとがったモノは「wave」というロゴが入っているので、おそらくプラモデル用の千枚通し。たぶん横浜のヨドバシカメラ6階で買ったものです。ピンバイスで穴を開ける前に、正確な位置にあらかじめガイド穴を開けるのに使います。元がプラスチック用ですから、木(ヒノキとか)が相手の場合はそっと押すだけです。

Photo_4
ピンセット各種。手前のは手を放したときに掴んでいてくれる優れものですが、最近は最初にご紹介した重りつきクリップに活躍の場を奪われています。

Photo_5
やっとこ(右)、ニッパー(中)と瞬間接着剤。やっとことニッパー(薄刃)はビーズ売り場で買ったもの。新潟の燕で作られたものだそうです。やっとこはアイボルト(ビーズ用語で言う「9ピン」)の製作に活躍します。ニッパーは真鍮線の切断から甲板材のおおまかな切断、プラモデルでも快刀乱麻です(そんなヒマあるのか

瞬間接着剤は粘度が低い(流し込んで使える)、白くなりにくい、最近のお気に入りです。プラモデルはいろんな瞬間接着剤の試験場なのです。たぶん。

Photo_6
困ったときに出てくるパテ3種。左はプラスチック用、他は木工用です。ホームセンターで買いました。

Photo_7
嫁さんから貰ったマップピン(持ち手が丸くて色つき)と画鋲(持ち手が透明)。マップピンは針先が細くて鋭く、画鋲は針先が太いて鈍いです。ガイド穴を開けるのに使っていましたが、プラモデル用の道具の方が便利だったので、最近は出番がありません。本来は船体を貼るときに活躍する・・・はず・・・でした・・・が・・・瞬間【検閲削除】

Photo_8
手芸屋さんのビーズ売り場で買ったティーピンと丸カン。大釘や索具のカナモノに使います。色つきで便利なのですが、ブームが去ったために「在庫限り」なんて表示もちらほらと・・・高いものではないので、一生使い切れないくらい買いだめしても良いかも。

Photo_9
カロネード砲がなかなかキットに入っていないので、自作してみました。画像は試作1号なので、出来がすこし悪いですが、どうやって作ったかが見えるようになっているので出しました。砲尾の中心的なパーツは極小のヒートン。これもビーズ屋さんで見つけました。ハンズでも昔は売ってたのですが、最近は見ないような・・・?

以上、とりあえず講習会で反応をいただいたものを中心にご紹介しました。

手芸屋さん、ビーズ売り場があるのは新宿東口の「オカダヤ」、蒲田の「ユザワヤ」(東京に住んでいた頃は吉祥寺が良かったのですが、今は店舗が縮小されてとても使い物になりません)。

模型(特にプラモデル)関連は横浜のヨドバシカメラ6階を多用しますが、真打ちはやはりヲタクの聖地、秋葉原のラジオ会館のイエローサブマリン。改装前より面白味がなくなった感もありますが、逆に賑わっているのが微妙に悔しいです。

ちなみに、ドール関連は同じラジオ会館のボークス、アゾン、宇宙船などで「も」いろいろ仕込んでました(実はビーズ売り場やハンズが活躍してました。布地もオカダヤ、ユザワヤの双璧で仕事帰りに端布を見るのが日課でした)。

« 砲架8基。 | トップページ | さて、本体は、というと。 »

チャールズ・ヨット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1983550/60286352

この記事へのトラックバック一覧です: お道具数々。:

« 砲架8基。 | トップページ | さて、本体は、というと。 »

無料ブログはココログ